太らない夜食に理想的な食材を取り入れましょう。

理想的な食材で食材の組み合わせ

低糖質な食事をするには、穀類、イモ類、砂糖などの糖度の高い食品は使わずに、低糖質なおかずを中心に食べることが重要です。 何より大切なことは、栄養バランスが取れた食事にすることになります。

基本は高タンパク質で食物繊維が豊富な食べ物になります。 肉、魚介、卵、ダイズなどのタンパク質に、季節の野菜、改装などの食物繊維の組み合わせがベストです。

味付けや調理法はシンプルイズベストでしょう。 主菜の他に副菜2品程度の献立なら理想的です。

注意点は、ひとつのものに偏って食べてはいけないことです。 いろんな食材からビタミン、ミネラル分を補給して低糖質食を楽しみましょう!

栄養バランスの良い食材の組み合わせ事例

タンパク質
タンパク質は、主に筋肉や臓器、血液、皮膚、爪、髪の毛などの身体の組織を構成する最も重要な成分です。 タンパク質は、身体を活性化し、外的環境から守ってくれます。 ダイエットする上では特に欠かせない成分です。充分な量をしっかり摂りましょう。

食物繊維
水に溶けるものを水溶性食物繊維、水に溶けないものを不溶性食物繊維といいます。 特におすすめが水溶性食物繊維です。 これは乱れた身体環境を整え、満足感を与えてくれる食材です。 代表的な食材はきのこ、改装、アボガドなどです。 一方、不溶性食物繊維は朝からスッキリさせてくれます。どちらの食物繊維を含んでいるのが納豆です。

ライザップ

一人でダイエットできない人にはライザップがあります!

ページの先頭へ