痩せる食事のポイントを押さえて、太らない夜食をしましょう。

痩せる食事の5つのポイント

 主食を低糖質に置き換える
糖質は主に、ごはんやパン、麺類などの穀物を原料とする食品に多く含まれます。 主食を低糖質の食品に変えたり、おかず中心の食生活に改善しましょう。

 おかずはタンパク質が多いものを
肉や魚、卵などのタンパク質を多く含むおかずをメインに選びましょう。 タンパク質を十分に摂らないと身体づくりがうまくいかなくなったり、活力低下の恐れも出てきます。

 水分摂取はしっかりと!
女性なら1日2リットル、男性なら3リットルを目安に、水や飲んカフェインのお茶を少しずつ何度も飲むようにしましょう。

 昼間はたっぷり、夜は軽めに
食事のボリュームは昼>朝>夜の順で必ず3食摂りましょう。 よく噛んで、腹八分目を心がけましょう。また21時以降の食事はやめた方がいいでしょう。 もし夜食を摂るなら、太らない夜食として低糖質なものだけでお腹を満たしましょう。

 食べ順は野菜から
野菜類→スープやみそ汁→肉や魚の順で食べましょう。 特に野菜は一皿先に食べると、血糖の吸収が穏やかになり、血糖値の急上昇を防ぎます。

ライザップ

一人でダイエットできない人にはライザップがあります!

ページの先頭へ