医学的に見た低糖質食

医療の現場から見た低糖質な食事とは

生活習慣病の多くは、運動不足や喫煙、暴飲暴食、または糖質の過剰な摂取が原因で内臓脂肪型肥満となり、発症することが多いと言われています。

そのため糖尿病を代表とする生活習慣病の治療の最重要課題は内臓脂肪の減少ということなります。 内臓脂肪が増えると、脂肪細胞から悪玉アディポサイトカインが過剰分泌され、インスリンの正常な働きを妨げ、血糖値が下がりにくくなります。

逆にいうと、内臓脂肪を減少させると、血糖値の改善や肥満の解消が期待できます。

内臓脂肪を減少させるには食生活の見直しが重要です。 内臓脂肪を減少させ、なおかつ原料させるには低糖質・高タンパク質が速攻性があります。

アメリカ糖尿病学会やヨーロッパ糖尿病学科ではカロリー制限が困難な患者の次なる食事療法として糖質制限食が推奨されています。 ただしこれは合併症のない患者に限ります。

糖質制限食は炭水化物さえ食べなければ何を食べてもいいので、簡単で無理なく継続できるのも魅力のひとつといえるでしょう。

低糖質食をするために気を付けること

糖質を極力摂らない

炭水化物、甘いもの、果物を摂らない。

タンパク質中心の食事

有力は魚がメイン、タンパク質を多く摂るが摂り過ぎも注意、プロテインでタンパク質を補う。

食べ方に注意する

野菜から食べる。低GI値の食品を意識する。外食をなるべく避ける。食べる量を控える。

野菜を多めに摂る

食物繊維を摂る。

3食キチンと摂り、食事時間を守る

夕食は遅くならないように注意する。21時以降は食べないようにする。

ライザップ

一人でダイエットできない人にはライザップがあります!

ページの先頭へ