糖が脂肪に変わるメカニズム

糖質を沢山摂ると体内で何が起こるでしょうか?

食事で糖質を摂ると、消化酵素の働きで糖質はブドウ糖に変わり、ブドウ糖は小腸で吸収されて血液中に溶け出し全身の細胞に送られます。

血液中に溶けたブドウ糖を「血糖」と呼び、血液中にどのくらいのブドウ糖が存在するかを表したものが「血糖値」です。

血糖値が上がると膵臓から「インスリン」というホルモンが分泌されます。 血液中に血糖値を一定にコントロールし、筋肉をはじめとする細胞へのエネルギー源として血糖を送る働きをするのがインスリンです。

しかし、糖質を過剰に摂りすぎると血糖値は急上昇し、インスリンも大量に分泌され、余分な血糖は皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。 これが「糖が脂肪に変わるメカニズム」なのです。

お腹が減るのは、血糖値が下がるからなのです!
「血糖」とは血液中に流れるブドウ糖のことで血糖値とは血糖の量になります。 血糖値が上がると人は満腹感を覚え、下がると空腹感を感じます。 ですから血糖値が常に安定している状態でいれば、空腹を感じる時間が少なくて済むということになります。

そのカギを握るのが「インスリン」です。 インスリンというホルモンは血糖値を下げる働きがあいrます。 大量の当分を摂ったりすると血糖値は急激に上がり、それに反応したインスリンも大量に分泌されて、血糖を筋肉や肝臓、脂肪組織などに一気に送り込むので血糖は減りすぎてしまい、空腹感を感じるようになるのです。

さらに血糖値の急激な変化は動脈硬化の原因にもなります。 つまり血糖値を常に安定させることが健康にも、肥満防止にも大切なのです。

ライザップ

一人でダイエットできない人にはライザップがあります!

ページの先頭へ